スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)

 宴会は夜にするものと思っていたら、そうでもないらしい。居酒屋の「昼宴会」のプランがじわじわ人気を集めている。利用しているのは、夜には集まりにくい職場の宴会や主婦グループ、お年寄りらだ。夜に比べると、料金が少しお得なのも魅力となっている。(森本昌彦)

 ◆飲み放題は無料

 東京駅から徒歩5分。居酒屋「北海道八重洲店」の店内でにぎやかな声が響く。参加者の手にはお酒が入ったジョッキやグラス。まだ昼過ぎだが、雰囲気は夜の宴会と変わらない。

 この日昼宴会を開いたのは、東京都内の建設会社。職場内の親睦(しんぼく)を深めるための宴会で約70人が参加した。同社の社長は「昼から飲めば夜遅くに帰ることがなくなる」とメリットを話す。

 「北海道」では昨年秋ごろから、関東地方の34店舗で団体客(6人以上)を対象に昼宴会のプランを導入。12月は約1200人、今年1月には約1700人と利用客数が増えているという。

 運営会社の「コロワイド東日本」(横浜市)の広報室長、高木潤一さんは「もともと昼に宴会をしたいというニーズはあった。昨年ごろからじわじわと増えてきたので、コースを設けました」と話す。

 消防や警察といった夜の勤務の多い職場のグループや地域の町内会、学校のPTAの利用が多い。都心の店舗は職場の宴会、郊外店舗では地域の集まりというように地域によって利用は分かれる。

 原則として2日前までの予約が必要だが、夜なら通常1500円の飲み放題コースが無料で付く。同社が運営する関東地方の「一瑳」、「いろはにほへと」でも昼宴会のコースがあり、夜に比べてコース料金を割り引くなどしている。

 ◆口コミでじわじわ

 以前から昼の宴会を受け付けている店でも人気は上昇している。

 「ごまや新宿三丁目店」では8年前の開店当時から、昼宴会のコースを用意している。4年前から店長を務める代田彰紀さんは「4年前は月に1、2回程度だったが、今では月に4~6回ほどあり、増えている」と話す。

 同店でも夜の勤務が多い職場の宴会や、同窓会、主婦グループの利用が多い。主婦層には口コミで人気がじわじわ広がっているという。同店の場合、2人以上、前日までの予約で昼宴会のコースを選べる。コース料金は夜と変わらないが、通常1300円の飲み放題が1000円になる。

 昼宴会は店側にとってもメリットがあるようだ。代田さんは「不景気で会社の宴会は減っているが、昼は個人で集まっている方が多く、夜よりは団体のお客様を集めやすい」。

 果たして昼宴会は定着するのか。コロワイド東日本の高木さんは「あくまでメーンは夜の宴会」としながら、「昼に宴会というニーズはなくならないだろう。認知度が上がれば徐々に利用が広がっていくのではないか」と見通しを話している。

                   ◇

 ■宴会コースの適正価格は… 東高西低!? 平均3161円

 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営するぐるなび(東京都千代田区)が昨年4月、サイト会員1381人を対象に実施した調査によると、居酒屋の宴会コースで適正だと思う価格は、「3000~3500円未満」が34・5%で最も多かった。「2500~3000円未満」(17%)、「3500~4000円未満」(14・8%)が続いた。

 平均価格は3161円。地域別では、東京が3230円で最も高く、中部・東海が3198円、近畿が3050円となり、値ごろ価格は東高西低のようだ。

小惑星探査機はやぶさ 地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)
「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当-佐賀地裁(時事通信)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円(産経新聞)

<掘り出しニュース>案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場--神戸・長田(毎日新聞)

 神戸市出身の漫画家、故横山光輝さんの作品「三国志」などで街づくりを進めている神戸市長田区で28日、JR新長田駅周辺や「KOBE鉄人三国志ギャラリー」へつながる大正筋商店街などに「三国志なりきり看板」が50枚設置された。

 看板は、高さ約2・2メートル、幅約60センチ。周辺の商店街の店主などがモデルとなり、諸葛孔明や関羽など物語の登場人物に扮(ふん)して、グルメ情報や街の歴史などを紹介する。周辺地図や人物紹介もあり、回るだけで三国志と長田の魅力を学べる。

 孫たちと鉄人28号のモニュメントを見に来たという神戸市須磨区の会社員、木村重一さん(51)は「三国志のファンで、既に武将石像も見て回った。看板を見ながら街を歩きたい」と話していた。【大金紗知子】

星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待-国際チーム(時事通信)
足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)
<マガン>明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)
時効を問い直した足利事件 廃止の流れ進む(産経新聞)
電車内で「目があった」と児童数回殴る 47歳の男逮捕(産経新聞)

東急田園都市線で人身事故、一部運転見合わせ(読売新聞)

 26日午後2時頃、東急田園都市線あざみ野駅で人身事故が発生した。

 この影響で、田園都市線は溝の口―長津田駅間の上下線で運転を見合わせている。

「177」情報更新10時間半なし…気象庁ミス(読売新聞)
<長島圭一郎選手>故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
敏いとう氏が参院選!国民新党からまた著名人候補(スポーツ報知)
家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で-経産省(時事通信)
火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)

スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月23日、スタチン系薬剤全6成分の添付文書の「重大な副作用」に、間質性肺炎が出現することがあるため、長期投与でも発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部エックス線異常などが認められた場合、投与を中止し副腎皮質ホルモン剤の投与など適切な処置を行うことを追記するよう指示した。

 改訂指示の対象となったのは▽アトルバスタチンカルシウム水和物▽シンバスタチン▽ピタバスタチンカルシウム▽プラバスタチンナトリウム▽フルバスタチンナトリウム▽ロスバスタチンカルシウム―の6成分。また、アトルバスタチンカルシウム水和物とアムロジピンベシル酸塩の配合剤も改訂の対象に含まれている。
 同省によると、2006年4月から3年間で因果関係を否定できない間質性肺炎の副作用が7例報告されている。

 このほか、気管支ぜん息の治療に用いられるロイコトリエン受容体拮抗剤モンテルカストナトリウム、プランルカスト水和物、ザフィルルカストの3成分について、投与に当たり患者の状態を十分に観察することなどを、添付文書の「重要な基本的注意」に追記するよう指示した。
 同省によると3成分のうちモンテルカストナトリウムを投与した患者に06年4月から3年間で、因果関係が否定できない自殺念慮の副作用報告が1例あった。ほかの2剤については報告がなかったものの、海外でザフィルルカストを投与した患者でうつ病を含む精神症状が報告されているという。

■統合失調症治療薬40成分、「重要な基本的注意」に追記
 また、統合失調症治療薬40成分について、「重要な基本的注意」の項目を改め、肺塞栓症や静脈血栓症など血栓塞栓症が報告されている現状から、不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態など危険因子を持つ患者に投与する場合に注意するよう指示した。

 今年2月に欧州で行われた統合失調症治療薬に対する添付文書の改訂を受け、同省は国内の統合失調症治療薬について、06年4月から3年間の副作用報告状況を調査。因果関係が否定できない副作用報告はなかった。

 40成分のうちリスペリドンについては、麻痺性イレウスに関して国内で因果関係の否定できない副作用報告が06年4月から3年間で2例あったため、「重大な副作用」の麻痺性イレウスの項目をほかの薬との併用による副作用発症の可能性を示した従来の記載から、「本剤の使用で発症する可能性がある」との内容に改めるよう指示した。


【関連記事】
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例
インスリン製剤「新たな安全対策の必要性はない」―厚労省
医薬品副作用による皮膚疾患、約4年間で2370件

元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取-さいたま地裁(時事通信)
歩道橋事故遺族、補充捜査要請へ=指定弁護士と25日面会-神戸(時事通信)
離党の鳩山邦夫氏「自民と共闘、十二分にある」(読売新聞)
酒飲みタクシーに追突、米兵逮捕…沖縄(読売新聞)
首相動静(3月17日)(時事通信)

水俣病裁判和解成立へ、国や患者会受け入れ方針(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)が国と熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めている集団訴訟で、原告・被告双方は、熊本地裁が示した和解案(所見)を受け入れる方針を固めた。

 鳩山首相は18日、小沢環境相から説明を受け、その後、政府として最終判断する予定。裁判を起こしていない被害者団体も和解案と同額の一時金などを受け入れる方針。29日の次回協議で和解が成立し、水俣病救済問題が解決する公算が大きくなった。

 熊本地裁が15日に示した和解案は〈1〉原告1人当たりの一時金210万円〈2〉入院や通院歴などに応じた療養手当を月額最高1万7700円〈3〉訴訟費用などに充てる団体加算金29億5000万円――が柱。

 被告のうち、環境省が和解案を受け入れる方針を固めたほか、熊本県は、蒲島郁夫知事が議会最終日の24日にも受け入れの意向を表明する見通し。チッソも国の決定に従う方針だ。

「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判-横浜(時事通信)
「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ-西山氏(時事通信)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)
地下鉄サリン「忘れたい」…給付金申請辞退も(読売新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。